2014年もモレスキンの手帳を購入

2020-05-05

20131208

12月に入って今年もあと1カ月を切ったので来年の手帳を購入しました。
種類は迷うことなくモレスキンのスケジュール+ノートのラージ。飽き性なのにもう6冊目になります。

今やっている音声起こしの仕事は私が先に一人で内職的に始めたのですが、その後ダンナと2人で稼業にすると決めたときに少しいい手帳を買おうと思い、前から気になっていたモレスキンの手帳を思いきって購入しました。
それまで1,000円くらいの手帳を買っていたので3,000円ほどする手帳は私にとってはかなり背伸びしたお買い物だったのです。

届いた第一印象は表紙が紙だし1年もつかな、ちょっと心配、という感じでしたが、使い始めるとまず紙がとても私の好みでした。
書いていて気持ちがいい!!
表紙がハードなのは持って書くときに下敷きの代わりになって書きやすい。
また、ちょっとしたもの、例えばチケットとかを貼ったりしてもなじみがいい。
スリムな形態で持ち歩いたり机に開いて置いたりするのに邪魔にならない。
すっかり気に入りました。

20131208-1

昨年、それまで和書のモレスキンをアマゾンで買っていたのですが、洋書のモレスキンがあることに気づきました。
もともと中に日本語が一切ないので別に洋書でも何も困らないかなと思い、また値段も半分近かったので洋書のほうを購入しました。

昨年のレビューには紙質が違うというコメントもありましたが、届いたものは今まで買っていたものと同じでした。

ただ、最初のマンスリーになっているところの形態が少し違います。

20131208-3

上が2012年版の和書版、下が2014年版の洋書版

(書き込んだところをぼかしたので別に裏写りしているわけではありません)

ただ、ここは以前は和書も洋書の形態だったこともあったので和書と洋書の違いなのか、ただ年によって違うのか、同じ年のものを見比べていないのでわかりません。

2012年版のマンスリーの形態ほうが好きですが別に洋書版のほうでも気にならないので今回も洋書を購入しました。
結果、かなりお安く手に入れているので今後も飽きるまで使い続けると思います。

20131208-4

取りあえず仕事のことも、ちょっとした献立等も何でもかんでも思いついたら書くメモ代わりに使っているので、後でふと思い出したときにパラパラと見られてとても重宝しています。

 

このBlogはXserverを使用しています



スポンサーリンク